蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

 

蓄膿症は、副鼻腔に膿が溜まることで起き、鼻づまりや鼻炎だけでなく、口臭や頭痛なども引き起こす症状です。
放っておくと別の病気も併発してしまうこともある厄介なものですが、薬ですぐに治るという類のものではなく、投薬や民間療法などの数か月単位の長期的な回復方法しか手段がありません。

 

最善はまずは医師の診断を受けることです。ですが、その上で生活上の改善努力を惜しまないことで症状の早期改善が見込めます。

 

その一つが「食事」です。

 

この記事では、蓄膿症に良い食べ物をご紹介していきたいと思います。

 

その前に蓄膿症を悪化させる食べ物について知る

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

蓄膿症が食べ物で良くなることが期待できるように、蓄膿症は食べ物で悪化する可能性もあります。まずは悪化させる要因となる食べ物を控えることが重要です。

 

蓄膿症に悪い食事というのは、糖質の過剰摂取です。
厚生労働省の発表によると食事の炭水化物の割合は総カロリーに対し50%~65%程度の割合が適正といわれています。炭水化物は食物繊維を引いた数値が糖質なので非常に多くの糖質が含まれていることがわかります。ちなみに炭水化物の代表であるごはんは100g中36gが糖分です。

 

しかし、現在の食生活はほぼ炭水化物の食事が溢れています。パスタやお好み焼きなどほぼ炭水化物のみで成立している食事は非常に多いのが現状です。こういった食事のバランスを整えることが蓄膿症改善には必要になってきます。

 

なぜ糖質過剰は蓄膿症を悪化させるのか?
なぜ糖質の過剰摂取と蓄膿症が関係しているかといえば、糖質の消化吸収のために、カルシウムやミネラルが使用されるため、カルシウム不足を招いてしまうことが上げられます。また、糖質は世間でのイメージ通り体脂肪ともなります。それに糖質の摂取により免疫力の低下にも繋がるとの研究結果もあります。

 

これはノーベル化学賞を受賞したライナス博士のデータで、どんなタイプの砂糖を摂っても、摂取後4時間から6時間は体の免疫力の75%が奪われてしまう、という研究結果を残しています。

 

 糖質の過剰摂取に限らず免疫力の低下はそのまま蓄膿症を悪化させることにもなりかねないため、糖質の過剰摂取は厳禁です。特に夜の食事の糖質はエネルギーを使う場面が少ないため、意図的に炭水化物を抜くなどの方策が有効です。また、夜は体のメンテナンスタイムともいわれており、回復するための大切な時間ですので、余計な糖質を摂らないということはこのメンテナンスタイムにビタミンやミネラル、栄養素をフルに使えることになるため、回復能力を上げることにも繋がると考えられます。

 

また、アレルゲンとなるものの摂取も控えるのがいいでしょう。免疫力が低下している状態ではヒスタミンという鼻炎の元となるものを生成しやすいため、より慎重に食事を選ぶ必要があります。

 

特に蓄膿症になった原因に心当たりがない場合は、アレルゲンを摂取している可能性があるため見直してみるのもいいかと思います。代表的なアレルゲンには、牛乳、卵、ソバ、小麦など大抵の食品に可能性があります。気になる方は一度医療機関で自分がどのアレルギーなのか調べるアレルギー検査をしていみるのもいいか思います。

 

蓄膿症に効く食べ物

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

 

体を温める食べ物

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

風邪の時に体は体温を上げて、免疫力を上げ、体の中にある菌を滅します。このように体温が高い=免疫力が高いといえるため、常に体を温める食事は有効です。

 

体を温める野菜の特徴は多少の例外はあるものの基本は冬が旬であることや根菜、暖色系の野菜であることです。例えば、ゴボウやカボチャ、人参などが体を温める野菜です。それ以外は基本的には体を冷やす食べ物です。

 

基本的にどんな食材(果実、魚)も「暖かい」場所や時に採れたものは体を冷やし、「寒い」場所や時に採れたものは体を温める作用があるものが多いです。肉類については豚肉以外は体を温める食材になります。豚肉を食べる場合は体を温める作用のあるショウガを使って生姜焼きなどうまく組み合わせてみましょう。

 

調味料については酸味や甘み(マヨネーズ、砂糖など)があるものは体を冷やすことになりますが、塩味や辛味(塩、唐辛子など)が強いものは体を温めることにもなります。

 

ただ、一方的にそれを摂らないようにするのではなく、どちらにも偏りすぎないようにバランスよく食べたり、組み合わせたりすることが必要です。

 

ビタミンAを多く含む食べ物

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

蓄膿症に効く食べ物は抗炎症作用のある食べ物を食べることがおすすめです。
抗炎症作用のある食べ物は、ベータカロテンをはじめ、ビタミンの豊富な緑黄色野菜の中でも赤パプリカ、ほうれん草、人参、小松菜、パセリといったものがおすすめです。

 

ビタミンCを多く含む食べ物

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

ビタミンCを含む食べ物には抗菌作用があり、常に摂取量を飽和(毎日推奨量摂取)させておくことにより、抗菌効果が期待できます。
ビタミンCはレモンやベリー系の果物、キャベツ、水菜、キウイなど放っておいても腐りにくいものに含まれています。

 

乳酸菌を多く含む食べ物<

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

乳酸菌には免疫力を上げる働きがあります。他にも花粉症の抑制や消化吸収力UPや血液サラサラ効果などたくさんの恩恵があります。というのも、免疫力という働きの半分以上が腸により行われているからです。
よって、乳酸菌を摂ることは非常に有効な手段となります。乳酸菌の摂取量は諸説ありますが、死菌ならば1兆個以上、生きて腸まで届くものならばメーカーの推奨量というところでしょう。

 

ただし、食品として乳酸菌が多いヨーグルト自体がアレルゲンのため、過剰摂取をしない、またはタブレットタイプのアレルゲンがないものでの摂取がおすすめです。

 

サポニンを多く含む食べ物を摂取

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

サポニンには、抗アレルギー作用と免疫力UP作用があります。サポニンを多く含むのは田七人参や高麗人参と漢方などに使われているものが多いのですが、大豆やゴボウなどにも多く含まれています。

 

大豆は他にもイソフラボンや植物性タンパク質など非常に優秀で積極的に摂取したい食品の一つです。また、大豆を発酵させた納豆は多くの種類のビタミンもありますので、総合的に蓄膿症改善だけでなく健康促進にもおすすめできる食材です。

 

なたまめ

蓄膿症に効く食べ物、いい食べ物はコレ!

ピンポイントの食材ですが、なたまめにはカナバニンなどの排膿作用、抗炎症作用といった蓄膿症にうってつけの成分が多く含まれています。ただ、有効成分がある豆はそのまま食べると毒性が強い上に毒抜きの作業が非常に時間がかかるため、毎日の摂取には「なたまめ茶」などの加工品を使用することをおすすめします。

 

食事での摂取と補助的な健康茶の摂取も効果的

蓄膿症に効く食べ物を積極的に摂取することは大事ですが、すべてを毎日食べるというのはなかなか難しいです。前述したなたまめも食材としては扱いにくく毎日食べることは困難です。

 

そこで、毎日飲むお茶を栄養価の高い蓄膿症に効く成分のあるものに変えることで総合的に栄養バランスを引き上げることができます。

 

お茶のメリットはサプリメントよりも安価で自然な素材を使っているため、妊婦から子供、お年寄りまで誰でも飲むことができる点にあります。
蓄膿症だけど、薬が嫌い、薬を飲んでも治らない、子供に予防として飲ませたいなど幅広い用途に対応できるお茶は毎日にプラスしたい飲み物です。

 

ですが、どんなものがいいのか、というとあふれかえりすぎていちいち調べるのも面倒ですよね。

 

そこで、独自に調査した蓄膿症に効果のあるお茶をランキング形式でご紹介いたします。

蓄膿症に効果のあるお茶ランキング

 

薩摩なた豆爽風茶の特徴

薩摩なた豆爽風茶は、鹿児島県薩摩地方のなた豆全草をはじめ、計七つのこだわりの原料を使用して作られたお茶です。

七つの原料を見ていくと、

・鹿児島県薩摩地方のなた豆全草
・黒豆(黒大豆)
・鳩麦
・薩摩くず草
・赤芽柏
・クマ笹
・桑の葉

とこのように、一つ一つ原料単体での「お茶」製品があるほど効果の高いものばかりです。


その風味は香ばしく飲みやすく仕上がっています。

その効能はやはりなんといっても蓄膿症にぴったりの抗炎症作用と排膿作用のあるなたまめが配合されている点です。それ以外にもサポニン、ビタミンC、ビタミンB群、ミネラルといった栄養価が高い成分が7つの原料に含まれています。

蓄膿に効く成分がしっかりと配合されていながらも、ほかの健康も促進しているため総合的に蓄膿症に効いてくるお茶に仕上がっています。

 

薩摩なた豆爽風茶のおすすめポイント!
  • 排膿作用、抗炎症作用のあるカナバニン配合
  • アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール豊富な、なたまめ、黒豆、ハトムギ、赤芽柏、クマザサ、桑の葉、クズの七種をブレンド
  • 抗炎症作用、抗菌作用のあるアントシアニン、サポニン含有
  • 初回価格1836円(税込)持ち運びに便利なタンブラー付き

口コミ

とにかく蓄膿がつらかった。藁をもすがるっていう感じで見つけたのがこれでした。第一印象はいろいろ混ざってるからどれか効くだろう程度のものでしたが、かなり大当たりでした。薬局で買うのとそこまで変わらない値段でこれだけは配合しているのだから本当にネット社会様様です!おかげで蓄膿も日に日によくなって一年飲んでますが、再発はしませんでした。それどころか今年に入って全く病気にかからなくなったので本当にすごいお茶だと思います。
35歳/男性
なたまめ茶って意外に3000円くらいするので、どうせなら前から気になってたお茶が一気にとれるものにしようと思ってこれにしました。まぜりゃいいものでもないと思うけど、これは良かった。花粉症になったりならなかったりするエセ花粉症の私はどうやら食べるものによってなるときとならない時があるみたいでしたが、これを飲み始めてから今のところ一回もなりません。蓄膿症になったときに始めたので再発が怖くてずっと飲んでいます。正直手放せません。
39歳/女性
子供のころから蓄膿症でしたが、飲み始めてからかなり一か月くらいで黄色い膿がさらっとしたものに変わりました。いつもは三か月くらいかかるからすごい変化です。体が弱いので免疫力アップに期待してます。
45歳/女性

価格 1836円
評価 評価5
備考 初回半額、送料無料、タンブラープレゼント
 
 

白井田七。茶の特徴

サポニンは、免疫力向上や抗アレルギー性の高い成分として有名です。例えば、高級な栄養ドリンクには高麗人参が配合されていますが、栄養ドリンクは滋養強壮と免疫力UPをさせるといった意味もありますので、栄養価の高い高麗人参はうってつけです。

ですが、高麗人参より栄養価が高いと今されているのが白井田七。茶にも使われている田七人参です。田七人参にはサポニンが高麗人参の数倍含まれているうえにほかのビタミン、ミネラルの量も非常に豊富です。

さらに白井田七。茶には有機栽培の高級品種であるやぶきた品種を贅沢に配合しています。有機栽培の緑茶には良質なビタミン、ミネラルのほかにカテキンもたっぷりと含まれています。

この二つの素材を組み合わせたものが白井田七。茶です。

緑茶は風邪予防に小児科の先生が毎日飲むほど殺菌性が高いことで有名です。それに田七人参の抗アレルギー性、免疫力UPの成分、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが調子を整えることで非常に強い抗菌効果が期待できます。

免疫力の弱った状態から始めるのに非常に有効なお茶といえます。

 

白井田七。茶のおすすめポイント!
  • 高麗人参よりも栄養価の高い田七人参を贅沢に使用
  • 有機栽培「やぶきた種」を使用
  • 免疫力向上、抗アレルギー作用のあるサポニンが大量に含有
  • 緑茶のカテキンで免疫力と抗酸化作用UP
  • 初回1980円

口コミ

有機緑茶がおいしい。まるごといただいているっていう感じです。田七人参のほうは味はあまりしませんが、飲んだ後に栄養ドリンクを飲んだ後のような感じがします。
38歳/男性
飲みやすい!濃い!という感じです。花粉症の時期に飲むとかなり症状が楽になるので手放せません。
52歳/女性
お茶としても非常においしいのでいつも手元に置いています。詰め合わせみたいにあればいいのに。
45歳/女性

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 初回47%OFF 二回目以降は20%OFF
 
 

えぞ式 すーすー茶の特徴

えぞ式すーすー茶はバラ科の甜茶、クマザサ、赤紫蘇をブレンドしたお茶です。

このどの原料にも強い抗酸化作用や抗菌作用がありますが、特に注目したいのがバラ科の甜茶の持つポリフェノールです。バラ科の甜茶のポリフェノールは抗アレルギー効果が期待でき、アレルゲンが入ってきてもアレルギー物質であるヒスタミンの生成を抑える働きがあるのです。

また、抗酸化作用は糖質の過剰摂取で酸化してしまった体を回復させる働きがあるため、結果的に免疫力UPにもつながります。

そんな三つの原料をミックスして作られたのがえぞ式 すーすー茶です。

アレルギー性鼻炎から蓄膿になりやすい人にはうってつけのお茶です。

 

えぞ式 すーすー茶のおすすめポイント!
  • ポリフェノールの多いバラ科の甜茶を使用
  • 健康茶の代表、クマザサを配合
  • 抗酸化作用の強いシソニン配合
  • アレルギー性物質の生成を抑えるヒスタミン含有

口コミ

味はちょっと甘い感じで、私は飲みやすかった。でも鼻炎のひどい小学生の息子ははあんまり好きじゃないようで私専用に。たまに2歳の娘が飲んでいます。花粉症の即効性はありませんが、1週間くらいすると楽になった気がします。(花粉の量かもしれませんが)
28歳/男性
私にはとても合ったみたいで満足しています。
31歳/女性
とにかく甘い!健康茶なので3歳の娘に飲ませてます。かなり病気の回数が減りました!
35歳/女性

価格 2412円
評価 評価4
備考 3か月定期便コース価格、送料無料